ユーキャンの通信講座で資格を取ろう!

やっぱり資格を持っていれば

いざという時の転職にも役に立ちますし、

何よりもお仕事にやり甲斐を感じるようになります!

通信講座なので自分でできるかな、
時間が取れるかな、といった不安がある方もいるかと思います。

けれど、通信講座だからこそ
電車にのって学校に通わなくて良いので、
生活の隙間時間を利用して
自分のペースで勉強を進められるんですよ。

スーパーなどにおいてあるフリーペーパーよりも
詳しい情報が載っていますので、
一度是非、資料請求してみてはいかがでしょうか。

無料で色んな情報が載っていますので、
ひとまず資料請求してから旦那さんと相談してみてもいいいですよ♪

あなたが病気やケガをしたとき、病院や診療所などの医療機関で診察を受けますよね。

その際、健康保険証を出すと医療費が3割負担で受けることができます。

そして残りの7割を医療保険に請求します。

このように、医療保険の請求に係る請求や事務処理全般を医療事務といいます。


医療事務とは



こんにちは、そろそろ忘年会のシーズンでソワソワしている愛子です。

年に1回の年忘れではっちゃけたいですね!


というわけで、医療事務のレッスンが始まりました。


第1回目のレッスンは、その名もズバリ。

医療事務とは


医療事務って、病院の受け付け窓口や事務仕事だよね?

と思っている方が多いと思います。


おおむね、その考えでいいのですが、

せっかくなのでもうちょっと詳しくレッスンしましょう。



スポンサーリンク

医療事務の主な業務内容


医療事務,レセプト,受付,窓口,保険請求

医療事務で行う業務をかんたんにまとめると下記のとおりです。


  • 受付け(窓口)業務
  • 保険請求(レセプト業務)


上記のように受付業務と保険請求(レセプト)業務が、
医療事務員としての主な業務になりますね。

それでは、おのおの見ていきましょう。


受付け(窓口)業務


診療所や病院だけでなく、一般の会社や銀行、デパートなど、
どこにおいても窓口業務を行う人は必ずいますよね。

主に来客(病院で言うなら患者さん)とのやり取りがメインです。


診療所や病院によって、若干の違いはあるものの、

だいたいは下記のような窓口業務となります。


初診窓口


その病院において、初めて受診する患者さんの受け付けを行う窓口となります。

基本的に、病院にいくときは健康保険証を持っていきますよね。


初診窓口では、その健康保険証の確認や、

診察券の発行、カルテの作成を行います。


初診の患者さんは不安に感じている方が多いので、

にっこり話しかけたり、不安を取り除いてあげるよう心遣いをしてあげましょう。


再診窓口


その病院において、2回目以降の患者さんの受け付けを行う窓口になります。

患者さんも2度目ともなると、ある程度の勝手がわかっているものです。

テキパキと内容を確認して、患者さんへの案内を行いましょう。


入院窓口


ここでは、入院を行う患者さんの受け付けを行う窓口になります。

入院って、人に寄りますがしょっちゅう行うものではないですよね。


ましてや、入院ともなると患者さんもだいぶ不安に感じています。

入院施設の案内や、医療費・病室の説明を行う際には、

患者さんの不安と疑問を取り除いてあげるようにしましょうね。



会計窓口


お医者さんが行った診療内容を基に医療費の計算を行います。

そして、患者さんから医療費(一部負担金)を徴収します。


※患者さんが支払うお金のことを、一部負担金と言います、

これは診察代金の3割を負担(年齢によって2割負担だったりします)することから、

一部負担金と呼ばれています。



このように、窓口業務はおもに患者さんに関する書類作成と、

病院の案内、医療費の計算などを行います。


患者さんと接する機会も多いですので、

言葉遣いや身なりにも気を付ける必要がありますね。





スポンサーリンク

保険請求(レセプト)業務


医療事務,レセプト,受付,窓口,保険請求

保険請求とは、患者さんが支払った3割負担額の残りの金額である7割分の医療費を、

患者さんが加入する保険機関へ請求することを指します。


保険請求(レセプト)業務では、

上記の金額(患者さん3割、保険期間7割)の請求を行います。


このように、患者さんの医療費を計算と、
各医療保険に保険請求する一連の流れの業務を保険請求(レセプト)業務といいます。


直接お金が関連する業務となりますので、

トラブルを起こさないよう細心の注意が必要ですね。



まとめ


医療事務は大きく分けて、”受付け業務”と”保険請求(レセプト)業務”があります。

会計窓口では、患者さんの医療費の計算を行い、お金(一部負担金)を徴収します。

これらの医療費の計算して、患者さんの加入する保険機関に保険請求を行う業務を保険請求(レセプト)業務といいます。


医療事務では主に上記の業務を行うことを仕事としています。
細かい計算方法や内容をしっかりと理解して、
間違いのないようにしなければなりませんね。



これから、その内容をバッチリと勉強していきましょう!


以上、レッスン1「医療事務とは」でした。

ユーキャンを更に〇万円安く受講する裏ワザとは?

ユーキャンはテレビでもコマーシャルが良く流れていますので、
知っている方は多いと思います。

資格を取ってお仕事に活かしたい。
今より時給の良いパートをしたい。

フツフツと沸き起こる思い・・・

でも、いざ通信講座を受講しようとしても、
やっぱり色々と悩みがついてきてしまいます。

  • 「受講していたいけどお金が・・・」
  • 「勉強する時間が取れるかな・・・」
  • 「今さら勉強なんて頭に入るかしら・・・」
  • 「子供の世話で大変・・・」
  • 「後で押し売りされたりしないかな・・・」

などなど、もう頭がいっぱいいっぱい・・・

と悩んでしまっている方が
とても大勢いらっしゃいます。

ご家族や友人などに色々相談してみても
これと言って解決できず。。。

相談はしてみたものの
やっぱりちょっと予算が気になる・・・


そんなお悩みの方にとっておきの裏ワザを
ご紹介します!

ユーキャンは教育訓練給付制度が利用できます!

『教育訓練給付制度』を利用すると、

ユーキャンの通信講座が20パーセント引きで受講できるんです。

20パーセントって結構大きな額ですよね。

これから勉強を始めたいとお考えの方にとって、
これはとてもありがたい制度かと思います。

もちろん、私も教育訓練給付制度を利用して医療事務を取りましたよ♪
(でも、給付を受ける人の条件がありますので
無料資料請求をするか、お近くのハローワークで確認してくださいね。)

ちなみに、もし受講を申し込んでも学費はアト払いで
8日以内なら返品できるので安心です。
(テキストを見てから、やっぱり止めるというのも可能ということですね。)

やっぱり何かしらの資格を持っていれば、

いざという時の転職にも役に立ちますし、

何よりもお仕事にやり甲斐を感じるようになります!

通信講座なので自分でできるかな、
時間が取れるかな、といった不安がある方もいるかと思います。

けれど、通信講座だからこそ
電車にのって学校に通わなくて良いので、
生活の隙間時間を利用して
自分のペースで勉強を進められるんですよ。

スーパーなどにおいてあるフリーペーパーよりも
詳しい情報が載っていますので、
一度是非、資料請求してみてはいかがでしょうか。

無料資料請求で色んな情報が載っていますので
やらなきゃ逆に損ですよ!

ひとまず資料請求してから旦那さんと相談してみてもいいいですね♪

おすすめの記事