検案,検視,違い,警察,解剖

検案(けんあん)とは、医師の診察を受けずに死亡した人に関して、
死亡した事実を医学的に死因、死因の種類、死亡時刻、異状死との鑑別を総合的に判断することを指します。


概要


”診察を受けずに死亡した人”ということで、刑事ドラマでよくあるように身元不明の死体があがった場合や、一般ではお風呂で亡くなった場合、ほかにも事故や突然死などにおいて検案がされます。

死体検案の結果、死亡を確認して異状死でないと判断したら、
医師は死体検案書を作成します。

異状死の疑いがある場合は警察に連絡し、
検察官または警察官が検視を行うことになります。

尚、検案には解剖を行うことは含まれません。


死体検案書


死体検案書を作成する場合、次の意義がある。

    ・人間の死亡を医学的・法律的に証明する。
    ・死因統計作成の資料となる。
    ・刑事・民事事件の証拠や保険の認定、査定の資料となる。


検案を行った医師は遺族に死体検案書(死亡診断書)を速やかに交付する義務があります。

死体に異状があった場合には、検案した医師は24時間以内に所轄警察署に届け出る義務があります。


一言

家族がお風呂で無くなっていても事件性があるといことで検案が必要です。
検案も医師の重要なお仕事の一つですね。



高齢化社会が進み、これからの社会におきまして、 介護と医療にかかわる人材が必要となってきます。
未経験からでも4か月という期間で、医療業務にたずさわる仕事を学ぶことができます。

医療事務にちょっと興味があるお方は、無料で一度資料請求してみてはいかがでしょうか?
ユーキャンの医療事務に無料資料請求してみる

医療事務の知識は私生活でも役立つ事が多いのでオススメですよ♪

ユーキャン ねこ勉〜Cats Learning〜 感動CM



やる気が出ます!応援お願いします♪
ブログランキング・にほんブログ村へ