死亡診断書,死因,老衰,期間

死亡診断書(しぼうしんだんしょ)とは、死亡事由などについての検案について記した書類で診断書の一つである。
死因が継続的に診療中である場合において死亡診断書が作成されます。


概要


死亡診断書は、死体検案書と同様に死亡を証明する効力を持ちます。
診断した医師、歯科医師のみが死亡診断書を発行することができます(飼育動物が対象であれば獣医師のみ)。
なお、死亡診断書と死体検案書の様式は同一のものとなります。

また、死因統計作成の資料としても用いられる。

最終診察後の24時間以内でなくても、死因が明らかに継続的に診療中のものであると予測される場合においては死亡診断書が作成されます。
それ以外の場合は、たとえ病院内で死亡した場合であっても死亡診断書を作成することはできません。
この場合、医師は死体を検案しなければなりません。


死因が「加齢による老化に伴い個体を形成する細胞や組織の能力が低下し、恒常性の維持・生命活動の維持が困難になり、
多臓器不全により恒常性の維持・生命活動の維持ができなくなり死亡した」
いわゆる”老衰死”と判断された場合は、
死亡診断書には直接的死亡原因として”老衰”と記載されます。

尚、老衰に関する「期間」に関しては明確は定めが見受けられず、
ある程度の期間を経て衰弱していった場合に”老衰”と付けられることが多い。


説明

死因が継続的に診療中のものである場合に、死亡診断書が作成されます。
それ以外の死因の場合は、検案が必要というわけですね。


高齢化社会が進み、これからの社会におきまして、 介護と医療にかかわる人材が必要となってきます。
未経験からでも4か月という期間で、医療業務にたずさわる仕事を学ぶことができます。

医療事務にちょっと興味があるお方は、無料で一度資料請求してみてはいかがでしょうか?
ユーキャンの医療事務に無料資料請求してみる

医療事務の知識は私生活でも役立つ事が多いのでオススメですよ♪

ユーキャン ねこ勉〜Cats Learning〜 感動CM



やる気が出ます!応援お願いします♪
ブログランキング・にほんブログ村へ