公費負担医療,対象,負担割合,概要


公費負担医療とは、医療費の全額また一部を公的管理された基金(国民の税金)により負担する医療制度です。
健康保険では業務外の病気やケガの場合に療養の給付が行なわれます。


概要



日本の医療における公費負担医療は、全額公費負担のものもありますが、
病気の種類や患者の条件によっては、医療保険制度が優先でその自己負担分のみに対して公費負担(一部負担)が適用されるものもあるなど、とても複雑なものとなっています。

また、公費の国と地方自治体の負担割合も制度ごとに異なっている場合もあり、さらに複雑さが増しています。

さらに地方自治体によっては市町村独自の医療費助成事業を実施しており、乳幼児医療制度などがこれにあたります。

この乳幼児医療制度により、小学校入学前の児童の医療費が無料になったり、500円であったりと、自治体によって様々となっています。

実施の有無・名称・対象者・認定基準・窓口負担方法・負担金などの細部が自治体により異なっています。



定率負担の対象と負担割合


保険診療において、患者は一部負担金として、医療費の一部を負担します。

負担割合は原則3割とされていますが、小学校入学前の児童や70歳以上は軽減されています。

小学校入学前:2割
70歳~74歳:一般2割(または1割)※現役並みの所得者は3割
後期高齢医療(75歳以上/65歳以上障害認定):一般1割 ※現役並みの所得者は3割


美味しい

原則として、医療費は3割負担での支払いとなります。
私の自治体では小学校以下は乳幼児医療制度によって、
1回の診療あたり500円で済むので助かっています。



高齢化社会が進み、これからの社会におきまして、 介護と医療にかかわる人材が必要となってきます。
未経験からでも4か月という期間で、医療業務にたずさわる仕事を学ぶことができます。

医療事務にちょっと興味があるお方は、無料で一度資料請求してみてはいかがでしょうか?
ユーキャンの医療事務に無料資料請求してみる

医療事務の知識は私生活でも役立つ事が多いのでオススメですよ♪

ユーキャン ねこ勉〜Cats Learning〜 感動CM



やる気が出ます!応援お願いします♪
ブログランキング・にほんブログ村へ