世帯合算,高額療養費,負担限度額


高額療養費は、世帯合算の特例があり、1ヶ月の間での世帯で支払った医療費を合算して計算することができます。
世帯合算での医療費が、その世帯の自己負担限度額を超えて支払った場合、超過分が保険者から給付されます。


概要

高額療養制度により、診療にかかる医療費(患者負担額)が一定額以上となった場合、
申請することで保険者から超過分(高額療養費)の給付を受けることができます。

この医療費に関して、一人毎で計算するのではなく、
世帯合算した医療費で計算されます。


尚、自己負担限度額が所得によって定められており、
高所得者ほど自己負担限度額は高くなり、
低所得者ほど自己負担限度額は低くなります。


自己負担限度額の計算は下記の通りとなります。

標準報酬月額83万円以上


252,600円 + (医療費 – 842,000) × 1%

多数該当:140,100円

標準報酬月額53万円~79万円


167,400円 + (医療費 – 558,000) × 1%

多数該当:93,000円

標準報酬月額28万円~50万円


80,100円 + (医療費 – 267,000) × 1%

多数該当:44,400円

標準報酬月額26万円以下


57,600円

多数該当:44,400円

低所得者:住民税非課税


35,400円

多数該当:24,600円


尚、同一世帯で高額医療費を直近の12ヶ月に3回以上受給した際は、
4回目以降は多数該当の額が自己負担限度額となります。

約束

1ヶ月にかかった医療費を世帯合算した金額で判定します。
そのため、診療にかかった際の領収書は破棄せずに保管するようにしましょう。


高齢化社会が進み、これからの社会におきまして、 介護と医療にかかわる人材が必要となってきます。
未経験からでも4か月という期間で、医療業務にたずさわる仕事を学ぶことができます。

医療事務にちょっと興味があるお方は、無料で一度資料請求してみてはいかがでしょうか?
ユーキャンの医療事務に無料資料請求してみる

医療事務の知識は私生活でも役立つ事が多いのでオススメですよ♪

ユーキャン ねこ勉〜Cats Learning〜 感動CM



やる気が出ます!応援お願いします♪
ブログランキング・にほんブログ村へ