居宅介護支援事業所とは,ケアマネジメント,運営規定,運営基準,管理者


介護を必要とする人が、できるだけ自宅や住み慣れた地域で適切なサービスを利用できるように、
本人や家族の希望の下、介護サービスを提供する事業所です。


概要

居宅介護支援居宅介護支援はケアマネージャーが要介護・要支援と認定された人が介護保険を使ったサービスを利用するためのケアプランを作成し、ケアプランで定めた短期目標・長期目標を達成するための適切なサービスが提供されるよう、事業者や関係機関との連絡・調整を実施します。


居宅介護支援事業の開業して運営するには、事業所の所在地の都道府県に介護事業者指定申請を行い、指定介護事業者として許可を受ける必要があります。

尚、居宅介護支援事業は、自宅の一室において、ケアマネージャー1人で開業することができるため、低予算で参入できる介護サービスといえます。

しかし、開業は容易ですが、常勤の管理者の配置が必要だったり、介護支援専門員の設置が必要だったりするため、
それ相当の人件費は必要となります。


また、運営するには定められた運営基準を満たす必要があります。

運営基準




サービス提供内容の説明・同意

運営規程の概要、苦情処理体制の構築、秘密保持の構築等を記載したサービス選択に関係する重要事項文書にして利用申込者に交付(説明)し、利用申込者の同意を得る必要があります。

サービス提供拒否の禁止

正当な理由がなくサービス提供の拒否はできません。

要介護認定の申請に係る援助

認定申請について利用申込者の意思をふまえ必要な協力を行い、認定申請を行っていない利用申込者の申請を援助します。

受給資格等の確認

被保険者証で被保険者資格、認定の有無、有効期間を確認します。

身分を証する書類の携行

介護支援専門員は介護支援専門員証を携行し、初回訪問時等に利用者・家族に提示します。

利用料等の受領

償還払いの場合の利用料と介護報酬で算定した額との間に、不合理な差異があってはなりません。通常の事業の実施地域を超える場合は、交通費の支払を受けることができます。

保険給付の償還請求の証明書の交付

現物給付とならない利用料支払いを受けた場合は利用料の額等を記載した指定居宅介護支援提供証明書を利用者に交付します。

法定代理受領サービスに係る報告

市町村・国保連に、居宅サービス計画に位置付けられている法定代理受領サービス・ 基準該当居宅サービスに関する情報を文書で報告します。

利用者に対する居宅サービス計画等の書類の交付

利用者が他の居宅介護支援事業者の利用を希望する場合等、要介護認定をうけている利用者が要支援認定を受けた場合に、直近の居宅サービス計画等の書類を利用者に交付します。

利用者に関する市町村への通知

利用者が正当な理由なく指示に従わず、要介護状態等の程度を悪化させた時や付せな受給がある時等は、意見を付け市町村に通知します。

サービス提供困難時の対応

事業実施地域等の関係で適切な提供が困難な場合は、他事業者の紹介等を行います。

居宅サービス事業者等からの利益収受の禁止等

事業者・管理者は、介護支援専門員(介護支援専門員は利用者)に対して特定事業者等によるサービスを位置付けるべき旨の指示等を行うことはできません。 特定事業者等のサービス利用の対償として、当該特定事業者から金品等を受けとってはなりません。

運営規程の整備

事業の目的・運営の方針
職員の職種・職務内容・員数
指定居宅介護支援の提供方法・内容・利用料その他の費用の額
通常の事業の実施地域
営業日・営業時間
運営に関する重要事項

出展:介護事業・障害福祉サーボス事業開業ナビ



一言

所定の運営基準を満たせば、比較的容易に開業できる介護サービスです。
高齢化社会に備えて、居宅介護支援事業が増えるのは良いことかもしれませんね。
もちろん、優良サービスを展開する必要がありますが。


高齢化社会が進み、これからの社会におきまして、 介護と医療にかかわる人材が必要となってきます。
未経験からでも4か月という期間で、医療業務にたずさわる仕事を学ぶことができます。

医療事務にちょっと興味があるお方は、無料で一度資料請求してみてはいかがでしょうか?
ユーキャンの医療事務に無料資料請求してみる

医療事務の知識は私生活でも役立つ事が多いのでオススメですよ♪

ユーキャン ねこ勉〜Cats Learning〜 感動CM



やる気が出ます!応援お願いします♪
ブログランキング・にほんブログ村へ