自己負担上限管理表,難病,自己負担限度額


病院や薬局を利用した際に患者が支払った自己負担額を患者が窓口で記入し、
月額の自己負担の総額を患者が管理するための管理表です。
この総額が自己負担上限額に達したら、窓口で医療費を徴収されることはありません。

ただし、5万円までは管理表に記録する必要があります。
自己負担上限額管理表は、医療受給者証を受け取るときに一緒に交付されます。


概要


旧制度においては、医療機関ごとに自己負担限度額が掛かり、
院外処方では自己負担なしで診療できたりしていました。

しかし、新制度になるにあたり、複数の医療機関・薬局の合算の上限限度額を計算するため、
自己負担上限額管理票を窓口で出す必要があります。

自己負担上限額管理票は、自立支援医療を利用する際に役所から受給者証と一緒に配布されます。
自己負担額の上限金額が記載されており、医療機関(クリニックや薬局)の人が支払われた金額を書いていきます。
上限に達すると、その月はそれ以上お金がかからなくなります。


自己負担上限額管理票は複数医療機関での合算を管理するためのものですが、
診療を受ける医療機関が一つしかない対象者であっても自己負担上限額管理票を管理し掲示する必要があるため、
逆に手間がかかるようになった患者もいます。


万が一、自己負担上限額管理票を無くしてしまうと再発行になります。
しかし、上限に達して無いとみなされてしまうことになるので無くさないようにする注意が必要です。

約束

自己負担上限額管理票は紙一枚の場合もありますので、
なくさない様に管理が必要です。

高齢化社会が進み、これからの社会におきまして、 介護と医療にかかわる人材が必要となってきます。
未経験からでも4か月という期間で、医療業務にたずさわる仕事を学ぶことができます。

医療事務にちょっと興味があるお方は、無料で一度資料請求してみてはいかがでしょうか?
ユーキャンの医療事務に無料資料請求してみる

医療事務の知識は私生活でも役立つ事が多いのでオススメですよ♪

ユーキャン ねこ勉〜Cats Learning〜 感動CM



やる気が出ます!応援お願いします♪
ブログランキング・にほんブログ村へ